メニュー

成人の睡眠時無呼吸

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群は、気道の閉塞などが原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。
症状は激しいイビキや起床時の頭痛、日中の眠気、倦怠感などがあります。
また高血圧や脳卒中、心筋梗塞などの循環器疾患や、糖尿病などの合併症を引き起こすこともあります。

さらに日中の眠気は、交通事故や産業事故などの原因となります。そのために、適切な検査(終夜睡眠ポリグラフ検査)と治療を行う必要があります。

 

 

診療の流れ

ただし、重症度、合併症などによって異なる場合があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME