メニュー

CPAP治療中の方のQ&A

    1. 喉が渇いてどうしても途中ではずしてしまうのですが?
    2. CPAPはいつまで使用するのですか?やせれば睡眠時無呼吸症候群は良くなってCPAPをはずせるようになるのですか?
    3. 月に1回の外来受診が必要と聞きましたが?
    4. 仕事の都合で平日昼間の受診が難しいのですが?
    5. 風が強くて眠れません。お腹にガスがたまります。
    6. CPAPを始めた当初に比べて起床時に「スッキリ感」が得られなくなったのですが?

Q1 喉が渇いてどうしても途中ではずしてしまうのですが?

 室内を暖房器具で暖めたり、加湿器で加湿することで改善します。一年中、CPAP専用加温加湿器の使用をおすすめしています。

 

Q2 CPAPはいつまで使用するのですか?やせれば睡眠時無呼吸症候群は良くなってCPAPをはずせるようになるのですか?

 CPAP療法は、睡眠時無呼吸症候群の原因である睡眠中の上気道(空気の通り道)の閉塞を空気の圧力によって開通させて呼吸を楽にできるようにする治療法です。装置を装着しているときだけその効果が得られます。したがって、毎晩続けて装着することが必要です。  
 無呼吸を放置した場合、睡眠の障害だけでなく、高血圧や糖尿病などの合併症を引き起こしてしまうこともあります。
 合併症の予防・悪化防止のためにも継続的にCPAPを使用する必要があります。
 睡眠時無呼吸症候群の原因として体重増加が大きな因子と考えられる方の場合は、減量でも改善が期待できます。但し、骨格による影響が睡眠時無呼吸症候群の原因としての要素が強い方の場合は、減量の効果は限定的です。

 

Q3 月に1回の外来受診が必要と聞きましたが?

 睡眠時無呼吸症候群の治療効果を高めるために月1回の受診が必要になります。
 その上でCPAP機器料金と管理料に対して医療保険が適応されます。

 

Q4 仕事の都合で平日昼間の受診が難しいのですが?。

 平日夕方・土曜日も診察を行っております。
 クリニックの診察時間をご確認下さい。
 スタッフと相談の上、ご都合の良い時間帯にご予約をお願いします。

 

Q5 風が強くて眠れません。お腹にガスがたまります。

 送られる風の強さ、圧力、ランプ時間(圧が最低圧から設定圧に上がるまでの時間)の設定などがあっていない可能性があります。
 このような場合は、外来で機器の圧設定、ランプ時間などを変更する事で対応できることも多いですが、再度終夜睡眠ポリグラフ検査時に適正圧の再調整を行うことで効果的な場合もあります。

 

Q6 CPAPを始めた当初に比べて、起床時に「スッキリ感」が得られなくなったのですが?

 ご自身の生活習慣の変化により睡眠時間が短縮してしまうと昼間に眠くなってしまうかもしれません。このような場合、睡眠日誌をつけることにより現在の自分の睡眠の状態を再確認し、睡眠に対する正しい知識を身につけ、誤った睡眠習慣を改善することが重要です。
 また、体重増加などで潜在的に睡眠時無呼吸症候群が悪化している可能性もあります。その場合、現在のCPAPの設定では睡眠時無呼吸を除去しきれていない可能性もあります。
再度終夜睡眠ポリグラフ検査時に設定圧の再調整を行う必要があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME