メニュー

治療について

シーパップ療法

鼻マスクから気道に空気を送り込むことにより、気道の閉塞を防いで無呼吸をなくす治療法です。

歯科装具(マウスピース)

睡眠中に装着することにより顎を前方に出すことで気道の閉塞を抑える治療法です。軽度の睡眠時無呼吸症候群の方に対して有効です。 (作成は歯科で行います。歯科へご紹介します。)

横向き寝療法

横向きの体勢で睡眠をとることにより、舌の沈下による気道の閉塞を防ぎます。おもに無呼吸がなく「いびき」だけの方にお勧めしますが、軽症の無呼吸の方にも比較的有効です。

生活習慣の改善

肥満の方は食事・運動療法などをご指導します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME